不登校・ひきこもり・ニ−ト・フリ−タ−・高齢者らの自立(自活)促進、就労サポ−ト、メンタ−事業
だいじょうぶ あんしんして  きっと うまくいく
ひとそれぞれ ふさわしいことが きっとある のんびりのばそうのびのびと とっぷでなくていい うれしいときがおたがいにくることを信じて
                                              

[ホーム] [書込み・記事の修正削除]


FC2WEB

みなくるビデオ

みなくるホーム
 
アットゲームズ

My Diary

1ページ目に最新〜過去7日分、2ページ目に過去8日〜60日分の日記が記載されます。



  ぜんざいを食べました。和気藹々の語り場処たぢまやプラザでした。
Date: 2009-01-15 (Thu)
ぜんざいを食べました。和気藹々の語り場処たぢまやプラザでした。

1/14 13:30〜16:00 たぢまやプラを開きました。

「ぜんざいを食べてもらおう」といって昨夜遅くまで下拵えをしてくれていました。

13:22たぢまや着 3Fに挨拶、2Fにおりたら、待っていてくれる人たちがいました。ご苦労様です。

代表も参加して語らいの場、語り場処たぢまやプラザ開催です。

姫路・高砂・加古川からの参加でした。

寒い日でした。暖かいぜんざいは特に身体が温もり、おいしかったです。準備ご苦労様でした。

新しい方がこられました。

参加者の自己紹介です。

自分のことをアピ−ルする大事さを知りました。

ひまわりサロン網干http://hyocom.jp/community.php?bbs_id=759


ひまわりサロン網干・ひきこもり地域支援センタ−播磨西−兵庫県若者らの自立を考える交流会−

http://hyocom.jp/community.php?bbs_id=865

は1/21(水) 13:30〜16:00


たぢまやプラザ・ひきこもり地域支援センタ−播磨西−兵庫県若者らの自立を考える交流会−http://hyocom.jp/community.php?bbs_id=892


たぢまやプラザ

http://www.tadimaya.co.jp/plaza.html

は1/28(水)13:30〜16:00

です。

http://hyocom.jp/blog/



  寒中お見舞い申し上げます。
Date: 2009-01-06 (Tue)
寒中お見舞い申し上げます。

本年もよろしくお願いします。


イベントがあります。時間の許す限りご参加くださいますようお誘いします。

お知り合いの方に告知いただければと思います。


集うことにより、繋がり、広まり、気付いてほしい・わかってほしい・行動してほしい、語り場処に集いたいと考えいただければ幸いです。


どこかで、支援団体の代表の方集まりませんか?緩やかな連携・ネットワ−クを築くための第一歩として・・・・・・・・・



1/11(日) 新しい生き方を考える 「ほつとねつとひょうご」シンポジュウム準備会 神戸



1/12 (月)平成21 年1 月12 日(祝・月)

 10:00〜17:00



姫路若者自立支援フォ−ラム


医療福祉 テーマ「大人の発達障害」

 −自閉症、アスペルガー症候群、LD、ADHD等の人たちの支援−
講師 社会福祉法人あかりの家 ひょうご発達障害支援センタークローバー
主任相談支援員 和田 康宏 氏


教 育 テーマ「ひきこもり?ニート?発達障害?」
講師 京都ARU 代表理事 梅林 秀行 氏


平成21 年1 月12 日(祝・月)10:00〜17:00
姫路市市民会館4 階 第3 会議室
10:00〜12:00 基調講演(医療福祉)
12:00〜13:00 昼休憩
13:00〜16:00 基調講演(教育)、
グループミーティング
16:00〜17:00 就職に悩む若者と保護
者のための個別相談会
※ご相談多数の場合は、お断りすることがございます。
申込み・問い合わせ
079-222-9151



1/24(土)13:30〜16:30
   姫路総合庁舎 職員福利センタ−3F

 「ひきこもり問題セミナ−」講演会・交流会

   東海なでしこの会伊藤進氏他
    http://www9.ocn.ne.jp/~khjtokai/

申し込み 直接下記にお願いします。中播磨県民局地域ビジョン課 

子育て支援グル−プ係

  Tel:079-281-9758   Fax:079-285-1102
  〒670-0947 姫路市北条1-98
  mail:nkharimakk_03@pref.hyogo.lg.jp">nkharimakk_03@pref.hyogo.lg.jp



2/7(土) 支援団体視察・交流会

8;40 中播磨県民局東北 ポスト前集合

8:50 発

9:00 姫路駅南ロ−タリ−コンビニ前発

9;40 ひまわりサロン網干着 交流

10:30ひまわりサロン網干発

途中昼食

13:00 丹波篠山「しゃべり場」着・交流

14:10 丹波篠山「しゃべり場」発



16:10 姫路駅南着

16:20 総合庁舎着

申し込み 直接下記にお願いします。中播磨県民局地域ビジョン課 

子育て支援グル−プ係

  Tel:079-281-9758   Fax:079-285-1102
  〒670-0947 姫路市北条1-98
  mail:nkharimakk_03@pref.hyogo.lg.jp">nkharimakk_03@pref.hyogo.lg.jp



2/8 (日)地域ビジョン推進フォーラム





2/15(日) 新しい生き方を考える「ほっとねっと兵庫」シンジュウム

13:30〜16:30

あすてっぷ神戸
【あすてっぷ神戸(神戸市男女共同参画センター)セミナー室1・2】
〒650・0016 神戸市中央区橘通3丁目4番3号
TEL.078−361−6977 FAX.078−361−6477





  仕事中はうつ 会社の外では元気 「新型うつ病」大流行の裏側【Yahooニュースより】
Date: 2008-08-12 (Tue)
「新型うつ病」なるものが蔓延しているのだという。
クリニックの予約を取ろうとしても患者が多すぎ、
新患は3ヶ月も待たされる場合もあるそうだ。
仕事中にだけうつになり、会社の外では元気、というのが特徴で、若い世代に目立つというこの「新型うつ病」、なぜ増えているのだろうか。

■自分を責めるのではなく、身近な人間を攻撃

 精神科医の香山リカさんは、著書「うつ病が日本を滅ぼす!? 」(2008年5月20日刊)にこんなことを書いている。

 「本当にこれが『うつ病?』と自分で書いたはずの診断書を改めて見返してしまう」

 これまでの「うつ病」といえば、几帳面でまじめな人がかかりやすく、
落ち込み、自分を責め、自殺に至るケースが多いというイメージだった。
しかし、07年から急激に増えだしたとされる「新型うつ病」は、仕事中だけうつで、帰宅後や休日は普段通り活発に活動する。
自分を責めるのではなく、身近な人間や社会に対して攻撃的な態度になり、休職したとしても会社や同僚かける迷惑などあまり感じない、というのが典型らしい。

 朝日新聞の08年5月17日付けには、精神科クリニックが患者でパンク状態になっているのは「新型うつ病」患者が急増したからではないか、と書かれている。
「新型」は20〜30代に目立ち、都内のあるクリニックでは患者の4割前後を占めるのだという。

 厚生労働省の調べによると、うつ病、躁うつ病の患者総数は99年の44万1千人に対し05年は2倍の92万4千人に増加。
製薬会社ファイザーが12歳以上の一般生活者4,000人を対象に、07年2月7日から07年2月16日にかけて行ったインターネット調査では、「一般生活者の12%、約8人に1人がうつ病・うつ状態の可能性」があるという結果が出ている。

■昔から別の病名として扱われていた?

 こうした状況を、一体どう考えたら良いのか。
「うつ病の真実」「専門医が教えるうつ病」などの著書がある防衛医科大学校病院副院長で、「日本うつ病学会」理事長の野村総一郎さんに聞いた。それによると、
うつ病は症状や病気になる過程によって「メランコリー型うつ病」「双極性障害」「気分変調症」「非定型うつ病」の大きく4つに分類され、「新型」と呼ばれているのが「気分変調症」「非定型うつ病」に当たるのだという。
そして、実はこうなんだそうだ。

  「新型と呼ばれているようですが、それは、うつ病という診断はしてこなかっただけで、昔から別の病名として扱われていたんです。患者数は増えてはいますが、実態としてはここ数年で急に増えた、ということでもないんです」

 うつ病と診断する基準は各国まちまちで、現在は米国精神医学会の診断マニュアル「DSM」を参考にするのが
世界の趨勢なのだという。各国の医療関係者がこれを参考にし始めたのは、80年に画期的な変貌を遂げた第三版から。
94年改定の第四版もほぼ同じ内容になっている。
日本では「DSM」を参考にする医師は少なく、「新型」と呼ばれる症状については、パーソナリティー障害、抑うつ神経症などと診断していたのだそうだ。

 それが数年前からようやく日本でも「DSM」を参考にする医師が増え、患者に伝わることによって、いきなり「新型」が大流行しているかのような錯覚をする人が増えたのではないか、と、野村さんは見ている。
さらに、「DSM」は2011年に改定され第五版が出るが、「新型」と呼ばれているものが、うつ病として分類されるかのかもわからないのだという。

****
不登校・ひきこもり・フリ−タ−・ニ−トと言われている人たちに、当てはまるのかどうか判らないが、

今、言えることは、当事者が自分自身を素直に見つめ、振り返り、第3者とのつなぎをどうするか?
つなぎが医者であることが必要であるかも知れない。
大事なことは、意地やプライドでなく、早期に自己を見つめる方途を構築することであると
 1自分自身のハ−ドルをいかにするか?
 2自分自身のプライドをどうするか?
 3自分自身と他との関係性をどうするか?
 4自分自身と自分自身と如何に対話するか?
 5自分自身の尺度を如何にするか?
 6自分自身が交渉を如何にするか?

 このように書くと、個人のことに帰結するようであるが、周囲の環境(社会・経済・自然・教育・・・)が関与し成り立っていることを知ることが大事かと考える。
 きっと うまくいく、
ヒトソレゾレニ
  フサワシイトガ
  キットアル
  ノンビリノバソウ ノビノビト
  トップデナクテイイ
  ウレシイコトガオタガイニクルコトヲシンジテ
   (G−g)
******

http://hyocom.jp/blog/blog.php?key=16#comment



  ひめじ若者サポ−トステ−ション
Date: 2007-04-11 (Wed)
「頼み、頼まれるヒュ−マンリレ−ション」「お互いにメンタ−になり、学び学び合える人間関を」

厚生労働省委託 コムサン21
            http://www.com21.or.jp/
平成19年4月1日 

 「ひめじ若者サポ−トステ−ション 」開設準備開始
  
場所 イ−グレひめじ1F サロンどっとコム

開設時間 月〜土 10:00〜18時
           (12:00〜13:00昼休み)

15歳〜概ね35歳の若者(不登校・ひきこもり・ニ−ト・フリ−タ−)・親御さんを対象としています。

若者の親御さんの悩み(心理・職業、仕事)について相談を受け付けています。

お電話下さい

受付 電話 079−222−9151

相談事業
  1臨床心理士によるカウンセリング(指定土曜日、予約  制・・・電話して下さい)
  2心理カウンセラ−によるカウンセリング (指定曜日   予約制・・・電話して下さい)
  3キァリアコンサルタントによるキャリア形成支援 (指  定土曜日、予約制・・・電話して下さい)

  4出前相談会
  大学(学生に対する相談、親御さんに対しての相談    等)、
  行政(各部署における相談活動の普及、広報等、若    者・親御さんに対する相談)、企業(ひきこもり、ニ− ト、フリ−タ−の子どもを持たれる従業員の相談)
  自治会、婦人会、老人会、公民館、各種団体に出向き  「ひめじ若者サポ−トステ−ション」の広報活動を行い  ます。

ジョブトレ−ニング事業
  わくわく自己発見事業
    地元NPO団体と協力して、各種イベントなど     の企画・運営などに携わる。
     参考
      姫路よさこい祭り(NPO姫路コンベンシ     ョンサポ−ト)
      海フエステイバル(姫路こころの事業団)
    
職場ふれあい事業  
  ものづくり体験講座
  マナ−講座
  コミュニケ−ション講座
  就労意識普及講座
説明会、講演会事業
  不登校、ニ−ト、フリ−タ−に関するシンポジュウム
その他の事業
  ヤングサロン
  親御さんの語ろう会
  若者しごと情報交換

  お願い
  若者と親御さんとの交流会
  「頼み、頼まれる人間関係」「お互いにメンタ−になり、学び学び合える人間関係」等お互いの、思い込み・意地・見栄、 虚栄、猜疑心、等について学び合える「居場所」を求めて います・・・社会参加を支援・応援して頂く個人、団体 お知らせ下さい 。
 姫路駅周辺(イ−グレひめじより南、姫路駅北中央口の 間)

 若者は地域の宝、そして財産、次世代を担う、若者に託してみませんか、家庭を・町を・地域を、そして・・・・。

 いつか芽をふき、大地に、しっかりと根をはり、大きく、お互いに育っていくことを願いたいです。

ひと、それぞれ、ふきのとう
 ふ ふさわしいことが
 き きっとある
 の のんびりのばそう 、のびのびと
 と とっぷでなくていい
 う うれしいことが、お互いにある時まで・・・
             (070412)

発信元  厚生労働省委託 コムサン21
            http://www.com21.or.jp/
       ひめじ若者サポ−トステ−ション

http://www.mhlw.go.jp/houdou/2007/03/h0329-3.html

厚生労働省発表
平成19年3月29日
「地域における若者自立支援ネットワーク整備モデル事業」における「中央サポートセンター」及び「地域若者サポートステーション」の選定結果について


現在、雇用情勢は改善傾向にあるものの、若年層の就業状況は依然として厳しく、無業の状態にある若者が相当数にのぼっております。
厚生労働省においては、このような若者の置かれた状況に応じて自立に向けた包括的な支援を個別的、継続的に実施していくため、平成18年度から地方自治体との緊密な連携のもと「地域における若者自立支援ネットワーク整備モデル事業」を進めています。
当該事業は、地方自治体の主導による若者支援ネットワークの構築・維持を行うとともに、「地域若者サポートステーション」を設置し、総合的な相談支援等を実施するものであり、平成19年度は、平成18年度の全国25箇所から50箇所に倍増したところです。また、「地域若者サポートステーション」に対し情報提供・技術的支援等を実施する「中央サポートセンター」を、引き続き設置することとしています。(別添概要参照(PDF:118KB))
今般、19年度における「中央サポートセンター」及び「地域若者サポートステーション」の選定について、企画競争に付し、審査した結果、3月29日付けで、前者については「財団法人社会経済生産性本部」を、後者については別紙1(1ページ(PDF:82KB)、

http://www.mhlw.go.jp/houdou/2007/03/dl/h0329-3b_01.pdf
2ページ(PDF:235KB)、
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2007/03/dl/h0329-3b_02.pdf
全体版(PDF:768KB))の50団体を選定いたしました。

○○ニート等の若者の自立を支援するため、地方自治体との協働により「地域若者サポートステーション」を設置(
平成18 年度25 か所→平成19 年度50 か所)
○○若者の置かれた状況に応じた専門的な相談や職業意識啓発プログラムの実施、地域におけるネットワークの中核として各支援機関への適切な誘導の実施ネットワークを活用した若者の職業的自立支援の流れ
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2007/03/dl/h0329-3b_02.pdf


なお、本事業の実施に当たっては、「○○若者サポートステーション」等を施設名とすること、別紙2(PDF:36KB)のロゴを使用することとしています。


  、『引きこもり狩り アイ・メンタルスクール寮生死亡事件/長田塾裁判』
Date: 2006-12-15 (Fri)
2007年1月下旬、雲母書房より刊行!!大好評予約受付中!!
 つV)に社会をあげての「引きこもり狩り」が始まった!
疑問を持たない「引き出し」型支援を「引きこもり狩り」と命名。
「支援する」ということの本質を考える。
 引きこもり狩り(細,
アイ・メンタルスクール寮生死亡事件/長田塾裁判
芹沢俊介(評論家)高岡健(精神科医)多田元(弁護士)川北稔(愛知教育大)
    山田孝明(情報センターISIS)梅林秀行(情報センター】SIS)
四六判上製/250頁 定価1600円(予価)
             ※送料は全国一律350円ご負担いただきます。5冊以上まとめてご注文いただいた場合に限り無料とさせていただきます。
「善意の道は地獄に通じる」(芹沢俊介)
 日次
 序静(芹沢俊介)
 第一部 引きこもり狩り
1アイ・メンタルスクール事件報道の概要(川北稔)
 2 予期された事件(山田孝明)
 3 長田塾裁判の問題点(多田元)
 4 引きこもり狩り姉妹の精神分析(高岡健)
 5 誰の支援か(梅林秀行)
 6 家族と倍仰(芹沢俊介)
 第二部 付録
 シンポジウム「アイ・メンタルスクール事件を考える集い」
 あとがき(芹沢俊介)


予約注文先:株式会社雲母(きらら)書房
TELO3−533ト3343 mXO3−3360−0203
URL http//WWW.kirara−S.COjp
アイ・メンタルスクール事件と長田塾裁判
合宿型引きこもり支援施設・塾教育学院(長田塾)を経営する長田
百合子氏による、突然引きこもりの子どもの部屋へ怒鳴り込み、殴
る、蹴る、脅す、諭すなどして無理矢理に棄へ連行するという「熱血
体当たり更生指導」がテレビや雑誌で美談として持ち上げられて
tヽた光景は記憶に新しtl。
アイ・メンタルスクール事件とは、その長田百合子氏の実妹である
杉浦昌子が経常する合宿型引きこもり支援施設「アイ・メンタルス
クール」で、真夜中に突然世田谷区から名古屋市内の施設へと「拉
致」されてきた青年が、外傷性ショックにより死亡したとt)うもの
である。杉浦昌子以下6人を被告として、現在裁判が進行中。また長
田百合子氏も元寮生からその「支援」方法をめぐって損害臍併裁判
を起こされている。
現在の引きこもり支援においては、暴力性において姉妹ほどでは
ないにしても、「引き出す」という発想・手法はいまだに一般的であ
る。しかしこの間魔のきらに深部にある本質は、あの「戸塚ヨット
スクール事件」などとも完全に根を同じくしており、問題が普遍的
であることを物番っている。

きこも
り狩りアイ・メンタルスクール寮生死亡事件/長田塾裁判
お名前(ご請求先が異なる場合は両方お書きください)
T E L
FAX

送り先ご住所(ご請求先が本の送付先と異なる場合は両方お書きください)




http://plaza.rakuten.co.jp/9484190



  11月行事等
Date: 2006-10-30 (Mon)
06年11月度行事 
情報センタ−ふきのとう 姫路広報
(兵庫県ひきこもり世話人連絡会)
〒670−0896 姫路市上大野1−11−6
若者(不登校・ひきこもり・ニ−ト)等の包括的な自立促進、就労サポ−ト事業 
ニュ−ポ−ト 大學西日本校提携講座
(申請中)
講演会・「話・輪・和」
[日 時] 11月18日(土)

姫路市民会館 3F
 第一会議室
13:30〜16:30
テ−マ 

「地域が主役のひきこもり支援」

「講師」神戸新聞社記者
 津谷冶英氏
[登録料(受益者分担金−施設料分担金、
講師(交通費)招聘分担金、資料製本等実費)] 
¥2000
[申し込み・問合せ先] 当会 事務所 Email:9484190@maia.eonet.ne.jp
電 話:090−5046−7134
***********

@ 11月度「話・輪・和」サロン **

11月15日(水)
13:30〜16;30
 相談・学習・家族教室
場所  イ−グレ姫路3F西端 婦人活動室
 
@  11月度 
たぢま屋「話・輪・和」プラザ 開設:
 相談・学習・家族教室
11月 8日(水) 22日(水)
  13:30〜16;30
[場 所] 姫路市本町136 
たぢま屋2F 「東来春」北2軒目
各受益者負担金(資料等) ¥1000


06年12月度は研修会等参加のため休止いたします。


07年1月度

「話・輪・和」講演会

[日 時] 1月20日(土)

姫路市民会館 5F
 第一教室会議室
13:30〜16:30
テ−マ 

「若者らのエネルギ−を活かす」

「講師」ISIS代表
 山田孝明氏
[登録料(受益者分担金−施設料分担金、
講師(交通費)招聘分担金、資料製本等実費)] 
¥2000
[申し込み・問合せ先] 当会 事務所 Email:9484190@maia.eonet.ne.jp
電 話:090−5046−7134
***********

A 1月度「話・輪・和」サロン **

1月17日(水)
13:30〜16;30
 相談・学習・家族教室
場所  イ−グレ姫路3F西端 婦人活動室
 
A 1月度 
たぢま屋「話・輪・和」プラザ 開設:
 相談・学習・家族教室
1月 10日(水) 24日(水)
  13:30〜16;30
[場 所] 姫路市本町136 
たぢま屋2F 「東来春」北2軒目
各受益者負担金(資料等) ¥1000

http://members.goo.ne.jp/home/9484190



  9月行事等
Date: 2006-08-30 (Wed)
06年9月度
行事 情報センタ−ふきのとう 姫路広報
(兵庫県ひきこもり世話人連絡会)
〒670−0896 姫路市上大野1−11−6
若者(不登校・ひきこもり・ニ−ト)等の包括的な自立促進、就労サポ−ト事業 
ニュ−ポ−ト 大學西日本校提携講座(申請中)
講演会・「話・輪・和」
[日 時]
 平成18年
9月23日(土)
午後1時30分〜4時30分
 [場 所]姫路市民会館 5F 第一教室 
  姫路市総社本町112
 電話0792−84−2800
[テ−マ]
「コミュニケ−ション
とニ−ト」
[講 師]
兵庫県立精神保健福祉センタ− 精神保健指定医
高 宣 良 氏
[登録料(受益者分担金−施設料分担金、
講師(交通費)招聘分担金、資料製本等実費)] 
¥2000

@9月度「話・輪・和」サロン ********9月20日(水)13:30〜16;30 相談・学習・家族教室
場所  イ−グレ姫路3F西端 
婦人活動室
A9月度 たぢま屋「話・輪・和」プラザ 開設: 相談・学習・家族教室
9月13日(水) 27日(水) 
 13:30〜16;30
[場 所] 姫路市本町136
 たぢま屋2F 「東来春」北2軒目
各受益者負担金(資料等) ¥1000





B9月度市民会館7F 
「話・輪・和」プラザ 開設 
休止中
場所 姫路市民会館7F
 相談・学習・家族教室 

[申し込み・問合せ先] 当会 事務所 Email:9484190@maia.eonet.ne.jp
電 話:090−5046−7134
***********
06年10月度は10月21日(土)
テ−マ「若者からのメッセ−ジ」
「講師」
全国ひきこもり親の会KHJ本部
  藤代寿樹 氏
****************
@10月度「話・輪・和」サロン ***
10月18日(水)13:30〜16;30
 相談・学習・家族教室
場所  イ−グレ姫路3F西端 婦人活動室
A10月度 たぢま屋「話・輪・和」プラザ 開設:
 相談・学習・家族教室
10月11日(水)27日(水):30〜16;30
[場 所] 姫路市本町136 
たぢま屋2F 「東来春」北2軒目
各受益者負担金(資料等) ¥1000

B10月度市民会館7F 「話・輪・和」プラザ 開設 市民会館プラザ
 休止中連絡電 話:090−5046−7134
場所 姫路市民会館7F 相談・学習・家族教室 



*だいじょうぶ 安心して、きっと見つかる 自分の居場所!!
*お互いに 振り返り、見つめ直してみませんか、自分自身を!!
*次世代を担う若者たちに託してみませんか???

http://plaza.rakuten.co.jp/9484190



  ひきこもりを考える集い
Date: 2006-06-09 (Fri)
http://plaza.rakuten.co.jp/9484190
総アクセス数
29838アクセス 
サイト名 情報センタ−ふきのとう姫路
開設日 2005年09月28日 (開設254日)

訪問ありがとうございます。

30000アクセス突破予定日です。

今後ともよろしくお願いします。

29836 2006-06-09 02:19:58 mayu5660さん


イベントタイトル  ひきこもりを考える集い

企画者        くものだいら

開催日時     2006年07月01日(15:00〜17:00)

開催場所    兵庫県 (姫路市龍野町 2-18)

関連コミュニティ  白鷺 計画/Hakuro Project

詳細        ひきこもりについて、ご一緒に考えましょう。

特別ゲスト
姫路こころの事業団・濱中様
http://himejikokoro.hp.infoseek.co.jp/

姫路市議会議員・今里様
http://www.toki21.com/

情報センタ−ふきのとう姫路・櫛橋様
http://members.goo.ne.jp/home/9484190

企画競争公告
http://www.mhlw.go.jp/sinsei/chotatu/chotatu/kobetu/060602-1.html

平成18年6月2日 支出負担行為担当官 厚生労働省職業能力開発局長
上村 隆史

1  企画競争に付す事項

(1) 件名
 地域における若者自立支援ネットワーク整備モデル事業における
 地域若者サポートステーション事業
(2) 概要
 上記(1)における事業の企画案の作成。詳細は仕様書による。


2  企画競争に参加する者に必要な資格等及び要件
   配布する仕様書及び企画競争要領による。

     仕様書(PDF:118KB)
     企画競争要領(PDF:94KB)  

    参考1  地域における若者自立支援ネットワーク整備モデル事業 実施要領(PDF:162KB)
     別添1  地域若者サポートステーション事業実施団体推薦要項(PDF:94KB)
     別添2  個人相談の実施及び相談記録管理に関する手引き(PDF:76KB)
     様式1〜3(PDF:75KB)

3  説明会の開催等
 企画競争に係る仕様説明会は開催しない。仕様書及び企画競争要領は、下記6にて直接交付等を行う。

4  企画案の提出期限及び場所 (1)提出書類   仕様書において定めた書類
(2)提出期限   平成18年6月16日(金) 17時まで
(3)提出方法   郵送(必着)又は持参により、下記6に掲げる提出先に提出のこと

5  企画競争の無効
 企画競争に必要な資格のない者、又は、必要な要件を一部でも満たしていない団体が提出した企画案は無効とする。

6  連絡先・提出先
  厚生労働省職業能力開発局育成支援課キャリア形成支援室企画係         所在地 :  〒100-8916 東京都千代田区霞が関1-2-2
 中央合同庁舎第5号館15階   電話番号 :  03-3502-8931
    受付時間 :  平日(土曜日を除く)10時〜12時及び13時〜17時

兵庫県の窓口は以下です。

このたびご照会いただいた厚生労働省の「地域における若者自立支援ネットワーク整備モデル事業」については、本県では産業労働部しごと局能力開発課が所管しています。
詳細については、下記にお問い合わせください。

■産業労働部 しごと局 能力開発課 兵庫しごとカレッジ係
TEL  078-362-3371
E-mail nouryokukaihatsuka@pref.hyogo.jp
 平成18年6月8日
  櫛橋 行雄 様
                       兵庫県知事室広聴課長

全国で25箇所(平成18年度)ということですが・・・・

若者自立塾は5箇所(平成18年度)決定していますが、兵庫県は含まれていません。

「地域における若者自立支援ネットワーク整備モデル事業における地域若者サポートステーション事業 」 


兵庫県に出来るといいですね。

これも、兵庫県は含まれていないことがないように・・・・・

生きがいしごとサポ−トセンタ-(阪神南・神戸東・神戸西・播磨・・・)をコアとして、民間各団体と連携して、参画と協働が出来ればいいのになと考えます。

ご支援、応援、お願いします。 (G-g)

http://www.rak3.jp/home/user/k9484190/



  500人委員会
Date: 2006-05-27
第9期こころ豊かな人づくり500人委員会
  第7回中播磨ブロック別カリキュラム
日時 平成18年5月27日(土)
場所 姫路職員福利センター3階 大会議室
10:00
テーマ:「ひきこもる心理・抜け出す心理」
講 師:小林 剛 氏
        兵庫県立神出学園長
        武庫川女子大学大学院教j受

ひきこもる心理・抜け出す心理

 一ひきこもり臨床の現場から−  i一
             武庫川女子大学臨床教育学研究科教授
             兵庫県立神出学園長   小 林 剛
はじめに
1.私のひきこもり問題への関わり
(1)神出学園の子どもたち′
(2)ひきこもりの個別相談
(3)兵庫県のひきこもりネットワーク
(4)訪問サポート支援
2.ひきこもり問題はいま
(1)ますます高齢化するひきこもり
(2)子の苦しみ・親のもがき
(3)高学歴化するひきこもり
3.ひきこもり間鹿が突き出す日本の社会
(1)「世間」という独特の日本文化
(2)日本の教育
(3)効率優先の社会
(4)結果と早さを求める社会
4.ひきこもりの若者の心の内
(1)自己防衛の心理
(2)激しい罪悪感
(3)自己否定の心理
(4)自己バッシングの心理
(5)希死念慮の心理
(6)人が怖い
5.ひきこもり支援の基本原則
(1)固定的価値観の呪縛からの解放
(2)安心と安全の場の保障
(3)信頼できる人との出会いから
(4)真剣に向き合う親・苦悩の共感
(5)親への癒し
6.社会への橋渡し
(1)出会いの場から居場所づくりへ
(2)居場所での安定から就労支援へ
<メモ>

午前の部 地域コーディネーター養成講座

〜休 憩(12:00〜13:30)〜
13:30
テーマ:「青少年ボランティアグループの立ち上げ」
講 師:ボランティアグループcbil血en
    山本道子 氏
企画運営委員会
15:00




  060525たぢま屋プラザ開設
Date: 2006-05-25 (Thu)
話の中で日本国憲法の権利、義務について・・・・

第十条【日本国民の要件】
 日本国民たる要件は、法律でこれを定める。
第十一条【基本的人権の享有と性質】
 国民は、すべての基本的人権の享有を妨げられない。この憲法が国民に保障する基本的人権は、侵すことのできない永久の権利として、現在及び将来の国民に与へられる。
第十二条【自由・権利の保持義務、濫用の禁止、利用の責任】
 この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。
第十三条【個人の尊重、生命・自由・幸福追求の権利の尊重】
 すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。
第十四条【法の下の平等、貴族制度の否認、栄典の限界】

 すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。

 華族その他の貴族の制度は、これを認めない。

 栄誉、勲章その他の栄典の授与は、いかなる特権も伴はない。栄典の授与は、現にこれを有し、又は将来これを受けるものの一代に限り、その効力を有する。
第十五条【公務員の選定罷免権、公務員の性質、普通選挙と秘密投票の保障】

 公務員を選定し、及びこれを罷免することは、国民固有の権利である。

 すべて公務員は、全体の奉仕者であつて、一部の奉仕者ではない。

 公務員の選挙については、成年者による普通選挙を保障する。

 すべて選挙における投票の秘密は、これを侵してはならない。選挙人は、その選択に関し公的にも私的にも責任を問はれない。
第十六条【請願権】
 何人も、損害の救済、公務員の罷免、法律、命令又は規則の制定、廃止又は改正その他の事項に関し、平穏に請願する権利を有し、かかる請願をしたためにいかなる差別待遇も受けない。
第十七条【国及び公共団体の賠償責任】
 何人も、公務員の不法行為により、損害を受けたときは、法律の定めるところにより、国又は公共団体に、その賠償を求めることができる。
第十八条【奴隷的拘束及び苦役からの自由】
 何人も、いかなる奴隷的拘束も受けない。又、犯罪に因る処罰の場合を除いては、その意に反する苦役に服させられない。
第十九条【思想及び良心の自由】
 思想及び良心の自由は、これを侵してはならない。
第二十条【信教の自由、国の宗教活動の禁止】

 信教の自由は、何人に対してもこれを保障する。いかなる宗教団体も、国から特権を受け、又は政治上の権力を行使してはならない。

 何人も、宗教上の行為、祝典、儀式又は行事に参加することを強制されない。

 国及びその機関は、宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならない。
第二十一条【集会・結社・表現の自由、検閲の禁止、通信の秘密】

 集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。

 検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。
第二十二条【居住・移転・職業選択の自由、外国移住・国籍離脱の自由】

 何人も、公共の福祉に反しない限り、居住、移転及び職業選択の自由を有する。

 何人も、外国に移住し、又は国籍を離脱する自由を侵されない。
第二十三条【学問の自由】
 学問の自由は、これを保障する。
第二十四条【家族生活における個人の尊厳と両性の平等】

 婚姻は、両性の合意のみに基いて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本として、相互の協力により、維持されなければならない。

 配偶者の選択、財産権、相続、住居の選定、離婚並びに婚姻及び家族に関するその他の事項に関しては、法律は、個人の尊厳と両性の本質的平等に立脚して制定されなければならない。
第二十五条【生存権、国の生存権保障義務】

 すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。

 国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。
第二十六条【教育を受ける権利、教育の義務、義務教育の無償】

 すべて国民は、法律の定めるところにより、その能力に応じて、ひとしく教育を受ける権利を有する。

 すべて国民は、法律の定めるところにより、その保護する子女に普通教育を受けさせる義務を負ふ。義務教育は、これを無償とする。
第二十七条【労働の権利・義務、労働条件の基準、児童酷使の禁止】

 すべて国民は、勤労の権利を有し、義務を負ふ。

 賃金、就業時間、休息その他の勤労条件に関する基準は、法律でこれを定める。

 児童は、これを酷使してはならない。
第二十八条【労働者の団結権・団体交渉権その他団体行動権】
 勤労者の団結する権利及び団体交渉その他の団体行動をする権利は、これを保障する。
第二十九条【財産権の保障】

 財産権は、これを侵してはならない。

 財産権の内容は、公共の福祉に適合するやうに、法律(民法第一編)でこれを定める。

 私有財産は、正当な補償の下に、これを公共のために用ひることができる。
第三十条【納税の義務】
 国民は、法律の定めるところにより、納税の義務を負ふ。
第三十一条【法定手続の保障】
 何人も、法律の定める手続によらなければ、その生命若しくは自由を奪はれ、又はその他の刑罰を科せられない。
第三十二条【裁判を受ける権利】
 何人も、裁判所において裁判を受ける権利を奪はれない。
第三十三条【逮捕に対する保障】
 何人も、現行犯として逮捕される場合を除いては、権限を有する司法官憲が発し、且つ理由となつてゐる犯罪を明示する令状によらなければ、逮捕されない。
第三十四条【抑留・拘禁に対する保障】
 何人も、理由を直ちに告げられ、且つ、直ちに弁護人に依頼する権利を与へられなければ、抑留又は拘禁されない。又、何人も、正当な理由がなければ拘禁されず、要求があれば、その理由は、直ちに本人及びその弁護人の出席する公開の法廷で示されなければならない。
第三十五条【住居侵入・捜索・押収に対する保障】

 何人も、その住居、書類及び所持品について、侵入、捜索及び押収を受けることのない権利は、第三十三条の場合を除いては、正当な理由に基いて発せられ、且つ捜索する場所及び押収する物を明示する令状がなければ、侵されない。

 捜索又は押収は、権限を有する司法官憲が発する各別の令状により、これを行ふ。
第三十六条【拷問及び残虐な刑罰の禁止】
 公務員による拷問及び残虐な刑罰は、絶対にこれを禁止する。
第三十七条【刑事被告人の諸権利】

 すべて刑事事件においては、被告人は、公平な裁判所の迅速な公開裁判を受ける権利を有する。

 刑事被告人は、すべての証人に対して審問する機会を充分に与へられ、又、公費で自己のために強制的手続により証人を求める権利を有する。

 刑事被告人は、いかなる場合にも、資格を有する弁護人を依頼することができる。被告人が自らこれを依頼することができないときは、国でこれを附する。
第三十八条【不利益な供述の強要禁止、自白の証拠能力】

 何人も、自己に不利益な供述を強要されない。

 強制、拷問若しくは脅迫による自白又は不当に長く抑留若しくは拘禁された後の自白は、これを証拠とすることができない。

 何人も、自己に不利益な唯一の証拠が本人の自白である場合には、有罪とされ、又は刑罰を科せられない。
第三十九条【刑罰法規の不遡及、二重刑罰の禁止】
 何人も、実行の時に適法であつた行為又は既に無罪とされた行為については、刑事上の責任を問はれない。又、同一の犯罪について、重ねて刑事上の責任を問はれない。
第四十条【刑事保障】
 何人も、抑留又は拘禁された後、無罪の裁判を受けたときは、法律の定めるところにより、国にその補償を求めることができる。


  昨夜のこと
Date: 2006-05-23 (Tue)
昨夜は久しぶりに、和食のバイキング?広峰食堂へ
卵焼き名物、昔のめしやという感じ・・・・
Mは始めての経験・・・・
美味しそうに食べている。
モノがなかった時代に生活してきたものとして・・
幸せを感じた一時か・・・・
今日は・・
文楽の皿そばか・・・
仕事の進行状態によって等・・・・・16:00ごろ決定予定


  新しい自転車
Date: 2006-05-22 (Mon)
新しい自転車が来た。
補助具はついているが・・・・
今日から挑戦

耳鼻科に17;00から行くらしい。
帰ってくるのが遅くなりそうだ・・・

楽しみにしていた自転車は・・・明日以降・・・

http://members.goo.ne.jp/home/9484190



超簡単!無料HP
Click Here!
   アバターでコミュニケーション!ココロもつながるオンラインゲーム@games
Original CGI:- Sun Board - System:- RAK2 -